現実は自分で作っているのだと知ろう!(前編)

こんにちは。

心理カウンセラーの青山紀子です。

 

今日は、お天気も良くて、
気持ちの良い日になりましたね!

うちでは、
溜まった洗濯物を一気に洗いましたよ。(笑)

 

さて、今日は、
現実は自分が作っているのだと知ろう!!
そんなお話しをしていきますね。

 

例えば、
うまくいかない現実。

 

私は、もう今直ぐ結婚して、
子どもが欲しいと思ってるのにも関わらず、
パートナーの収入が低すぎて無理!!!!

 

なんてこと、
あったりします。^^

 

結婚となると、
自分だけのことではないので、
自分の思いや都合だけでは、
うまくいかないと思いますよね。

 

そして、周りにいる、
結婚して直ぐに子どもを産んだ人、
もう、2人目、3人目と、
子どもを産んでいる人を見ては、
自分と比べて落ち込んでしまう…。

 

もう、いい歳だし、
早く作らないと、妊娠すら難しくなっちゃう。(>_<)

 

そんな焦りと不安で、
いっぱいな人もいるでしょう。

私は、結婚して早く子どもを作りたいと思っていたのに、
どうして、現実は全く違うのだろう??

 

ということで、
結婚や妊娠に限らず、

どうして私が望んだ方向に進めないの?

ということなんですが、
意識して頂きたいのは、

今、得ている現実を作っているのも自分。

ということです。

 

そう、自分が作っているんですね。

 

なんで~?
なんで~?

こんなの私、望んでいないよ~!!

 

と思ってしまうかもしれませんが、
作っているとしたら??
と考えてみて下さいね。

 

例えば、あなたの現実に動きがなく、
何も変わっていないと思うとしたら、
それは、現状維持のエネルギーでいるのかもしれません。

 

※ここで言う、エネルギーとは、
意識エネルギーだと思って下さい。

 

ずっと答えを出せず迷っていたり、
あるいは、
これは割と盲点でもあるのですが、
少ないエネルギーでどうにかしようとしていたり。

 

先に進みたいと思いつつも、
今の現状に、しがみついてしまっていたり。

 

先に進むというのは、
人にとっては、恐怖でもあるということ。

先の見えないことに、
人はとても不安を抱くのです。

 

だから、現状維持の方が、
まだ安心だと思って、
先に進めないこともたくさんあります。

 

そんな自分がダメなのではなく、
少しづつ、手放していくというようなものです。

 

例えば、

「よ~し!
今日はクローゼットの中の着ない服を捨てるぞ!!」

と思っても、
いざ取り掛かってみると、

「やっぱり、これは残しておきた~い!」

なんて思って、
思っていたよりも捨てられなかった…
なんてことありませんか?

 

そのくらい、
手放すって勇気がいるんですね。^^

 

だから、
これを現実を変えることに使うとしたら、
ホント、クローゼットの整理以上に、
エネルギーを使うんですよ。(^^;)

 

クローゼットが古い服でパンパンだと、
新しい服が入ってこれないように、
今得ている現実を手放すことをしなければ、
新しい望みの未来も、今の空想のままで、
あなたが体験する現実としては得られないということ。

 

だけど、一気に捨てるのは難しくても、
一着、一着、捨てるのは出来るかもしれません。

 

そんな風にして、
ゆっくりではあるかもしれませんが、
確実に変えていける方法というのはあります。

 

だから、不安なときは、
今の現実を卒業するイメージをしながら、
新しい未来を手に入れている自分をイメージしてみて下さい。

 

「あー、ゆっくりではあるけれど、
前に進んでいるんだな~。」

 

という安心感を多少なりとも得られると思います。^^

 

という感じなんですが、
ちょっと脱線したので続きますね!(笑)

 





現実は自分で作っているのだと知ろう!(前編)” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。